逆流性食道炎の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)では、薬を用いるのが一般的ですが、症状がひどい場合は手術するケースもあります。 手術するケースは、以下の通りです。 ・薬で症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が改善されない時 ・Barrett(バレット)食道がある時 ・炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)が重症の時 逆流性食道炎の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)薬で症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が改善されない時は、手術を行うこともあるでしょう。 また、食道粘膜が胃粘膜に変わることをBarrett(バレット)食道といい、この場合は食道ガンになる可能性もあるため、手術が必要となります。 それに、食道の炎症が重症になった場合にも、手術適用といわれているようです。 逆流性食道炎の手術では、胸、または、腹部から内視鏡を入れて行うニッセン法という手術方法が使用されています。 手術費用は、健康保険が適用されるので、9万円前後で済むでしょう。 ただ、手術をしたからと言っても、必ず完治するというわけではなくて、場合によっては再発する可能性もあるのです。 さらに、副作用のリスクもあるため、逆流性食道炎の手術は慎重に行う必要がありますー